薬を飲めない妊婦さんのぎっくり腰 | 妊婦さんの足のむくみ・肩こり・腰痛でお悩みなら吹田・江坂のマタニティ整体|井上トータルコンディショニング江坂院

  • 江坂駅より徒歩3分

0668367467

予約受付【平日】 10:00 ~ 21:00
予約受付【土・祝日】 10:00 ~ 18:00
※祝日も診療しております。
【休診日】水曜日・日曜日

  • お問い合わせ
  • オンライン予約はこちら

お知らせ

薬を飲めない妊婦さんのぎっくり腰

「ここの整体院にはどんな症状の人が来てるんだろう?」
「私みたいな妊婦でもみてくれるのかしら?」

と、初めての整体院に行くには気になりますよね。

なので「当院にはこのような妊婦さんが来られていますよ~」
という記事を定期的にこちらに書いていきますので、
当院が初めての方は、どうぞご来院の参考にしてください。

 

タイトルにも書きましたように、妊婦さんはお薬が飲めません。

痛みが強い時に痛み止めのお薬が飲めないのは本当に困ります。

しかも、すっごく痛いぎっくり腰。

「さて、困った。どうしよう・・・」ってなりますよね。

結論から言いますと「我慢せず早く来てください」なのですが、

なかなかそんな上手くいきません。

 

そこで、ぎっくり腰になった時の皆さんの行動パターンを観察していますと、

多くの方が「様子を見る」です。

酷い方は一か月くらい様子を見ておられた方もいます。

そうなってくると「仕事を数日間休んで、コルセットを巻いて、なんとかしてしのぐ」という状態になってきます。

二人目妊娠中の方であれば、「まだまだ手のかかるお子さんの育児もして、ご主人のご飯も作って」ということが痛くて動けなくて非常につらい状態になります。

 

なので来院された方に私がよく言うのは「様子を見ないで!」です。

今まで多くの患者さんを見てきて思うのが、様子をみて良くなったためしがほとんどありません。

 

当院はご紹介で来院される方が多いのですが、ご家族の方から「痛いんだったら早く行って、ちゃっちゃと治してもらいなさい」と言われ、ぎっくり腰になってすぐ来院される方は、その場でスタスタ歩けるようになります。

 

一か月近く様子をみて来院された方は、予後がこじれる方は多いです。

 

これがぎっくり腰の現状です。

 

なのでこの記事をご覧のあなたも、様子を見ないでくださいね!

 

症例はここから

↓↓

29歳女性 妊婦さん( 4ヶ月)
腰痛
3ヶ月前にギックリ腰になり、それ以来ずっと腰が痛い。今までの腰痛の中で一番痛いのでなんとかしてほしい。

30歳女性 妊婦さん (7ヶ月)
腰、背中の痛み
1ヶ月くらい前から寝ていると腰と背中が痛い。
寝返りすると痛いので、じっと同じ姿勢で寝ているためぐっすり寝れない。

アクセス

江坂駅より徒歩3分。妊婦さんのお悩みに対応した治療院です。明るく清潔な院ですので、 初めての方でも安心してお越しください。

予約受付【平日】 10:00 ~ 21:00
予約受付【土曜日】 10:00 ~ 18:00
※祝日も診療しております。
【休診日】水曜日・日曜日

0668367467

大阪府吹田市江の木町5-3
レーベンハウス江坂401
[ 江坂駅より徒歩3分 ]

詳しいアクセスはこちら

map
 

ページトップへ戻る